• beginners53

引き続き、元号対応の検証

昨日、3月5日公開のOfficeの更新プログラムでの元号対応を検証しましたが、本日、毎月恒例のWindows Updateで公開された更新プログラムを適用後、再び対応状況を検証して見ました。


レジストリィの元号表記を制御する場所に"InitialEraYear”という新しいキーが生成され、そのデータ値に『元年』を設定し、日付表示を和暦に変更すると・・・。

ご覧の通りカレンダーの表記は新元号元年に変わり、OSレベルでの『元年』表記が対応されたようです。

昨日も記しましたが、Officeでの『元年』表記の対応はまだのようです。

次回のアップデートに期待しましょう。


閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1か月というものは早いもので、気が付いたら明日が5月の第2水曜日(米国時間では第2火曜日)・・・てなわけで、月例のWindows Updateが配信される日です。 私たちサポートする側としては、毎回ヒヤヒヤしながら動向を眺めているのですが、近杯がどのようなアップデートが配信されるのでしょうね。 私自身も先月導入したように、Windows11も少しづつ世の中に出回るようになってきたのですが、このとこ

これまで、Windows10 Homeや、Windows11 Homeでの新規インストールの際にMicrosoftアカウントでのログインを求められていたのですが、どうやらWindows11 Professionalでも今後インストールの際にMicrosoftアカウントでのログインが必須となるといううわさが流れてきました。 これはビジネスユーザーにとってはちょっと困りますよね。 私たちも仕事柄、お客