• beginners53

やっぱり悩みは元号対応

今日、某協力会社にて4月以降の協力体制の相談を行っていた時に出てきた話題が”元号対応”の話。

Windowsが主流になる以前は、元号と言うものは自前で西暦変換する仕組みを作っていたのですが、Windowsシステムの大半はOSそのものが持つ日付書式にて自動的に西暦→和暦の変換が行われ、元号が表示される為、あまり元号の事は気にせずにシステムを構築しているものが多くなっています。

また、Windowsそのものが普及しだしたのが1990年代後半・・・つまり平成になってからのことでこれまで元号の変更対応というもの自体意識せずに構築されています。

2000年対応の際、ほとんどのシステムが日付の年を西暦4桁に変更するという対応を行い表面的に和暦表示を行っていても内部的に西暦で保存しているので問題ないとは思うのですが、Microsoftの対応がどのようになるのかによってはシステムの改修が必要となるか、あるいは、最新のOSやOffice製品にアップグレードが必要という可能性があり、どの程度の負荷がかかるのか未だに読めない状態という話。

私もお客様には”今のところまだ何とも・・・。”と保留にしている状態で、もしかしたら4月は、システム導入いただいているお客様の下へとあちこち飛び回らなければならない可能性が・・・。


いづれにしても悩ましい話です。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1か月というものは早いもので、気が付いたら明日が5月の第2水曜日(米国時間では第2火曜日)・・・てなわけで、月例のWindows Updateが配信される日です。 私たちサポートする側としては、毎回ヒヤヒヤしながら動向を眺めているのですが、近杯がどのようなアップデートが配信されるのでしょうね。 私自身も先月導入したように、Windows11も少しづつ世の中に出回るようになってきたのですが、このとこ

これまで、Windows10 Homeや、Windows11 Homeでの新規インストールの際にMicrosoftアカウントでのログインを求められていたのですが、どうやらWindows11 Professionalでも今後インストールの際にMicrosoftアカウントでのログインが必須となるといううわさが流れてきました。 これはビジネスユーザーにとってはちょっと困りますよね。 私たちも仕事柄、お客