• beginners53

パッケージソフトとの競合

かなり昔にお客様に納品したシステム。

一応使われていたようで、『会計ソフト弥○をバージョンアップしたら動かなくなった』と言う連絡が入ってきた。

・・・う~ん、確か最新の弥○は、SQL-Server2012以降じゃないと動かなかったはず。

という事は、これまでSQL-Server2008で運用していたシステムも一緒にアップグレードしないと動かなくなる。

現地へ赴くと、案の定SQL-Server2014がインストールされ、弥○のデータベースを収めるためのインスタンスしか定義されていない。

しかも、以前インストールしたSQL-Serve Express は、Advanceだったため、アップグレードでは上手く移行できず、下位バージョンの為インスタンスの削除も出来ない状態。

仕方ないので、新しく別名のインスタンスを作成し、MDFとLDFを以前の環境から複写してアタッチしてみたら、何とかデータを復活させる事が出来ました。

今回はなんとかなりましたが、本来SQL-Serverのバージョンアップする際には、データベースのバックアップや、インスタンスの整理などを行った上で行いたいと思うので、こういう作業をするときは事前に連絡して欲しいものです。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1か月というものは早いもので、気が付いたら明日が5月の第2水曜日(米国時間では第2火曜日)・・・てなわけで、月例のWindows Updateが配信される日です。 私たちサポートする側としては、毎回ヒヤヒヤしながら動向を眺めているのですが、近杯がどのようなアップデートが配信されるのでしょうね。 私自身も先月導入したように、Windows11も少しづつ世の中に出回るようになってきたのですが、このとこ

これまで、Windows10 Homeや、Windows11 Homeでの新規インストールの際にMicrosoftアカウントでのログインを求められていたのですが、どうやらWindows11 Professionalでも今後インストールの際にMicrosoftアカウントでのログインが必須となるといううわさが流れてきました。 これはビジネスユーザーにとってはちょっと困りますよね。 私たちも仕事柄、お客